Vol.2 データベース(システム)の構築について

              ■□ Newsbit Times □■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆INDEX◆
 1.【特集インタビュー】:「 ソフト化により効率化を図り、人的サービスへ」
     株式会社 ヒューマンテック 代表取締役社長 置鮎 弘健
 2.【連載】ニュースビットUp to Date:データベース(システム)の構築について
 3. バージョンアップ情報
 4. 編集後記

----☆ PR ☆------------------------------------------------------ 
■ セミナー開催スケジュール

◆3月 8日(月) BitMailPRO(ビットメールプロ)&BitplusPRO(ビットプラスプロ)
            の使用説明及び操作方法について

  時 間  13:30~15:30
  
  場 所  京橋区民館 第2、3 会議室
      京橋二丁目6 番7号 TEL03-3561-6340
      JR 東京駅八重洲口 徒歩10 分
      ※東京駅から歩けますので、新幹線でのアクセスも便利です。
      東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
      都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分
  参 加  無料(事前予約制) 
  申込み  専用のweb 申し込みフォームにてお申し込み下さい 
            http://www.newsbit.co.jp/seminarinfo_03010308.html
-------------------------------------------------------------------

■ 【特集インタビュー】:「ソフト化により効率化を図り、人的サービスへ 」
       株式会社ヒューマンテック 代表取締役社長 置鮎 弘健
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回は、「ミュージックケア=音楽療法」を中心とした介護予防型デイサービス事業を推し進めている株式会社ヒューマンテックの置鮎社長にお話しをお伺いしました。

Q.まず、御社の事業内容について教えてください。
A.ヒューマンテックでは、これからの高齢化社会を見据え、かつ地域に貢献できる介護サービスを中心とした事業と生産工場への派遣業をメインに行っています。

Q.ニュースビットでデータベースを構築されましたが、導入されてどのような変化がみられましたか?
A.利用者の情報や記録などをデータベース化したことで、それまで、4時間かかっていた作業が、1時間に短縮されるなど目に見える形で効率化されました。そのため残業が減り、従業員の負荷が減ったので、人的サービスに時間をかけられるようになりました。私どもは音楽療法を中心とした介護予防型デイサービスを行っているため、ご利用者様により厚いサービスができるようになりました。

Q.データベース導入以前は、どうされていましたか?
A.ペーパー処理中心です。ペーパーからエクセルに情報を直接入力していたた
め、時間も従業員の労苦も相当なものでした。そのような作業を続けていたためエクセルに限界を感じデータベース化することにしましたが、データベースを導入してからの業務内容が激変し、シンプルになったので、もっと早く導入すればよかったと思っています。

Q.今後どのような展開をお考えですか?
A.現在データのアクセス化を進めていて、今それが第3段階まできています。今後は店舗展開を考えていて、一店舗で進めていた作業を分散化し、介護に関する販売も始める予定で、今いろいろと情報を集めているところです。
  
Q.一番力を入れているのはやはり音楽療法ですか?自社PRをお願いします。
A.一般的なデイサービスは、介護保険の範囲内で行っているため、売上げ主体となってしまい、どうしてもサービスがチープで病院的になってしまいます。そこでヒューマンテックでは、ミュージックケアと呼ばれる音楽療法を取り入れ、音楽や楽器に触れ合いながら明るい安らぎがもてるサービスを提供しております。この音楽療法は,認知症になりかけている方も落ち着いてサービスを受けられると大変好評をいただいております。これからもソフト化を推し進め、効率化を図り、デイサービスなど人的サービスに時間費やしていきたいと思います。自分の親にぜひ受けさせたいと思ってもらえるような質の高いサービスに努めていきたいと思います。

■【連載】ニュースビットUp to Date:データベース(システム)の構築について
     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回は、データベース(システム)についてです。
一般的にビジネスで使用するデータベースという場合、業務上必要なデータをコンピューターに一定の規則で蓄積しておいて、検索したり抽出して表示したり、帳票やCSVファイルなどに出力したりする機能を持ったシステムのことです。
業務に適したデータベースは、業務効率を向上させ、顧客や取引先へのサービス向上にも役立ちます。
しかし、結構多いのが表計算ソフトのMicrosoft Excelを駆使している企業です。
確かにExcelでもデータベースに近い使い方はできるのでそれで済めば問題ないということもいえますが、データベースに比べるとあまり効率的でない場合が大半です。

つづきはこちらをご覧下さい。 
http://www.access-db.com/column.html

■バージョンアップ情報 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆BitRFM(ビットアールエフエム)が2.9.2にバージョンアップ
これまで試用中は、分析件数が50件までという制限がありましたが、今回のバージョンから試用期間を30日間とし、その間は機能制限なしでお試しいただけるようになりました。
BitRFMのページ
http://www.newsbit.co.jp/software/brfm/index.html
 
◆BitplusPRO910バージョンアップ
(変更点)
1.本文取得モードが大きく改良され、ヘッダーについてはデータベースにあらかじめヘッダー項目と同じ名前のフィールドを用意しておけば、ヘッダー部分は自動的に各項目ごとに分解されて出力。
2.Subject等のエンコードされているデータは、自動的にデコードされ、ヘッダーのデータをすぐに活用。


■ 編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今月25日に「RODB活用セミナー」を開催しました。月末のお忙しい時期にもかかわらず多くの方にご参加いただき、盛況のうちにセミナーを終了することができました。ご参加いただきました皆様方のご協力に感謝申し上げます。日ごろユーザーの方々とはメールや電話でのやりとりが多い中、実際にお会いして、いろいろなお話しをお聞きするこのような機会はとても貴重です。普段気づかなかった点や、新たな発見がたくさんあり、是非今後の業務に反映させていただきます。約2時間の時間でしたが、ユーザーの方々も私たちも有意義な時間であったように思います。
次回は3月8日にBitplusPRO,BitMailPROのセミナーを予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★Newsbit Timesは、Newsbitユーザー様に無料で配信しています。メール配信にご理解をいただき、情報をご活用いただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------
通巻2号 2010年2月26日発行(隔週発行)
発行:ニュースビット株式会社
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-4-5 川村八重洲ビル8F
TEL.03-3537-6219 FAX.03-3537-6218
E-mail info@newsbit.co.jp
メインサイト http://www.newsbit.co.jp

メール配信停止
http://www.newsbit.co.jp/stopmail.html

メールアドレス変更
http://www.newsbit.co.jp/changemail.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Newsbit公式ホームページ